スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチエンドにもほどがある、けしからん。血が騒ぐじゃないかね。

そんなわけで、かまいたちをプレイしてみました。

画像 007

なんとなく、わかばちゃんの表情が強張っているように見えるようなそうでないようなw
ミズキちゃんはいつも通り、安定のスタイルです。


画像 008

なんやかんやで増える人数。

とりあえず、ミステリー編はクリア。王道ミステリー、美味しく頂きました。
がっつりバッドエンド見たあとに真エンド見ると、凄く大団円!という気分を味わえますね。運命変えたぞみたいな感じの。
最悪のエンドを知っているからこそ、真エンドの有難みがわかる。こういうところがゲームのいいところだなぁとしみじみ思いました。
まあ、バッドエンド巡りするはめになるくらいにピンと来なかった勘の悪さを指摘されますと何も言えなくなるのですがw


画像 009
「(うう……怖かったけど、なんていい話なの…)」
「だいじょうぶ?元気だして」
「(お菓子なくなっちゃった)」
「…………」


それぞれ思う事があるようですw

ミステリー編が終わっても、まだシナリオがいくつかあるようで、現在は鎌鼬の夜編の冒頭あたりで止めています。
いいですね、開始10秒でバッドエンドとか。血が騒ぎます。エンディングリスト見てみたら、どうも50以上あるようですので、回収は容易ではなさそうですね。フェイトのようだ。血が騒ぎます。
しかし新シナリオでは、人物の設定が若干変わっているというか、何だかミステリー編の真エンドから3年後くらいを見ているような気持ちになって、それがとてもぐっときます。
冒頭ですので、これからどうなるかわかりませんが、引き続き楽しんでまいります^^
それにしても、人気声優さんだらけでしたね。迫力ありました。


画像 011
「(筋骨隆々がイケメン…だと…。筋骨隆々でないイケメンの僕は、一体何なんだ……)」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。